手軽に受けられるボトックス注射の魅力|経験者の意見が参考になる

サイトメニュー

将来のシワも防げる

顔に触れる女性

治療の魅力と施術前準備

入念にコスメで対策しましても、加齢によって顔のシワは増えていきますが、美容整形治療ならそんなシワも効果的に抑えることができます。なかでもボトックス注射は、表情を作ると現れるシワに対して最適となっており、シワの発生原因の表情筋を動かないようにして、シワその物を発生させないようにするのです。表情ジワはそのまま放置しておけば年々シワの溝が深くなってしまい、最終的には無表情でも皮膚にシワが刻まれた状態になります。特に眉間の表情筋は力が強く、シワの形状も定着しやすいので、気になる場合は早めに治療を受けることが欠かせません。早期治療が望ましいのは、ボトックスを注射すれば、シワの成長も現時点の段階でストップできるためです。皮膚に折り目がしっかり付く前に治療を受ければ、それだけ若々しい状態をキープできますから、覚えておくと良いでしょう。しかし何かと忙しい現代社会では、休日が取れない場合も多いですが、ボトックス注射ならその点も安心です。この治療は内出血や赤み、それに腫れといったダウンタイムとなり得る症状は殆どありません。たとえ翌日が出勤日でも普段通り職場へ出られますし、美容整形を受けたことを周囲の人に悟られにくいのもボトックス注射のメリットです。メイクをした状態で美容外科へ行っても良いのか、顔にボトックス注射を受ける時は気になる部分です。基本的にボトックス注射を行う際は、施術の事前準備として部分的に化粧を落とすため、メイクをして来院しても大抵OKとなっています。施術が終わればメイクを直して帰れますから、当日は化粧用品を準備しておくと良いでしょう。その時はコンシーラー類も一緒に持参しておきますと、万が一内出血が起きた場合でも化粧でカバーできます。また、ボトックス注射の施術前準備には麻酔もありますが、この治療では麻酔クリームや、テープタイプの麻酔を施すのが一般的です。麻酔が効くまで20分から30分程度掛かるため、個室などがあるクリニックなら、そのブースへ案内されて待つことになります。ただし麻酔は必須ではなく、美容外科によってはオプション扱いの場合もあるので、時間がなければ麻酔のキャンセルを事前に申し出ておくと良いでしょう。その場合でも氷などを使って大抵アイシングしてくれるため、痛みを軽減しつつ直ぐに施術をしてもらえます。そして、ボトックス注射の申し込みは電話やネットで可能ですが、即治療を行うことはありません。医師の診察や説明を受けるといったステップがありますから、最初に申し込むのは施術ではなくカウンセリングの予約です。そのためボトックス注射の正式な申し込みは、カウンセリングで話を聞いて納得したらその場で申し込むか、後日電話などで連絡します。